応援するための困った事ぶろ☆彡

介護の現場の職場環境や労働環境とダックスフンド

Posted on 2017年1月3日 by かもこ

37歳、仕事は介護をしてます。犬はダックスフンドを飼っています。

利用者のお世話をしているときに感じることは、常日頃のトレーニングは必ず必要であると思ったことです。介護はトイレ介助や入浴介助なとで体力や力仕事の部分が多いので、その場面で強く感じます。愚痴になってしまうのですが、介護や医療、建築など体力仕事の現場で働く人には、スポーツクラブなどで運動する機会やある程度の優遇を多く与えることが必要かと感じます。

また、介護などは、仕事の行き先が無いような人が就くというイメージが強く求人情報誌にいつも掲載されている仕事であるように感じています。その事もあり、仕事のことを聞かれるとあまり胸を張って答えることができていないような気がします。また、給料も安いことも原因にあると思います。夜勤と国からの補助を受けないと、やっていけないような金額です。

そして、若いうちなら大丈夫だが、ある程度の年齢になると介護の現場はできないと感じています。肉体的にも難しくなると思います。これから介護を受ける人数は増えていくけれど、介護を仕事にする人数は減っていくと感じています。介護の現場の職場環境や労働環境の見直しが必要になってきた時期とみてもいいと思っています。

飼い犬のダックスフンドについて、いろりろと調べています。

こちらの「⇒⇒⇒ダックスフンドのサイト」が勉強になるので良いですね。

自分で飼っている犬でも知らないことが多いので飼い主が学ぶことは大切です。

それにしてもダックスフントは可愛いですよね~